ただいまウェブサイトのリニューアル中です。ご迷惑をおかけしています。

VOICEお客様の声

福光のK様邸 則武のO様邸 北方のT様邸
福光のK様邸
「空気環境も抜群の家」

読む
則武のO様邸
「快適で空気がきれいな家」

読む
北方のT様邸
「健康に暮らせる二世帯の家」

読む

住む人が語るエアブレスの気持ちよさ

住む人が語るエアブレスの気持ちよさ

■真冬も真夏もシャツ1枚で、快適です。

 エアブレスは、とにかく快適な家です。
特に冬は最高。私はシャツ1枚で過ごしています。真冬にシャツ1枚で過ごせるなんて今までの家では考えられないですよね。なんといってもこの暖かさは格別です。特に"家のどこにいても同じ温度"というのには本当に驚きです。おかげでドアをいつも開けっ放しでいられるので、家全体に開放感があって、外から帰ってきて玄関ドアを開けると時、とてもほっとするんです。床も冷たくないのでスリッパもいりませんし。夏もとっても快適です。昨年の夏に30人ほど人を集めて法事をしたのですが、そこでエアコンを2台入れたところ、寒くていられないくらいになってしまったんです。急遽1台運転を止めて室内ドアを開放したら、ちょうどいい環境になりました。こんなに冷房が効くとは思っておりませんでした。そんな調子なので、昨年は結局ひと夏に2階しか冷房を入れていません。新潟の夏は湿度が非常に高くて暑いというのに、本当に省エネ住宅ですよね。
暮らしてみて実感したのは、エアブレスの家は長い目で見ると"ものすごい得"だということ。一年中快適な暮らしができるという、何事にも代え難いものを手に入れたと思います。

■飛行機と同じように空気が循環。そのシステムに一目ぼれしました。

 開放感あふれる吹き抜けの玄関、奥には居酒屋をイメージしたというリビング。掘りごたつがちらりと覗きます。「この家の空気循環システムは、飛行機と同じ原理なんですよ」。国際線パイロットのご主人が「エアブレス」に決めたのも、空気を循環させて室内を快適にするこのシステムだからでした。「飛行機内は高気密・高断熱。エンジンから取り入れた空気はフィルターを通して浄化し、適温にして循環させ、排出します。それによって機内は一定の温度と湿度に保たれて快適になり、エアコンへの負担も軽減されます。だから「エアブレス」を知ったとき、すぐに気に入ってしまって。他社で同じシステムはないかと尋ねたら「それは無理なので、代わりに全室にエアコンを装備します」と言われ、やっぱりこれしかない、と」。

■喘息の長男がたちまち元気に。風邪もほとんどひきません。

 以前のお住まいはマンションタイプの社宅。「長男が喘息で、住むなら健康で快適に暮らせる家と決めていました。ここに引っ越してからは発作もでないし、健康優良児になっちゃったね、って主人とよく話しています。入居の前日にワックスをかけたはずが、入ったら木の香りしかしない。しっかり換気しているんだなぁって実感しました。」と奥様。家にいる時間が多い奥様の希望で、F邸ではキッチンが明るい南側、北側に和室があります。「家の中がどこでも同じ温度だから、北側でも寒くないんですよ。普段は主人と息子の対戦リングと化していますけどね。」ご主人と息子さんは小屋裏でもミニ四駆で対決。「普通の家では湿気や照り返しがひどく、部屋としては使えないらしいんですけど、我が家ではホビールームです。」とのこと。二人とも上がったらなかなか降りてこないのが奥様の悩みだそうです。

■温度差のない室内は、足元も暖かくて快適です。

 広々として印象のいい吹き抜けも、実生活では風が通り抜けて冷暖房の効率が悪いと聞きます。「普通だったらせっかく暖めた空気が上がってしまい、暖房も効かなくて大変なはずなんですが、我が家ではサーキュレーターすら必要ないです。」とご主人。奥様も「お気に入りの"居酒屋風"掘りごたつも、実は下にホットカーペットを敷こうと考えていたんです。でも足元が暖かいので、結局そのままになっちゃいました。」と、笑いながらおっしゃいます。健康志向のFさん一家。明るくのびのびとした雰囲気が印象的でした。