エアブレスの家について

「エアブレスの家」は、『人にやさしい住宅』を目指しました。

『人にやさしい住宅』とは、温度や空気が健康で快適であること。
その快適・健康が永く続くこと。そして、安心して家族の歴史を重ねていける長持ちする住まいであること。
エアブレスはそう考えます。

長持ちする家

長く住める家を考えたら、「呼吸する家・エアブレス」ができました。

家を長持ちさせるためには構造体、つまり柱や梁などの木を長持ちさせることです。
エアブレスの家は構造内に空気を循環させ、木材を適度な乾燥状態に保ちます。
床下、壁の中、小屋裏にも「動く空気」が流れ込み、湿気のとどまらない工夫をしています。
軸組+パネルの面構造で、地震に強い構造を実現します。
基礎は全面コンクリートのベタ基礎で、湿気や白蟻などの侵入を防ぎます。

健康に気を配った家

温度差の解消、安定した湿度、清潔な空気が健康な生活を支えます。

人の健康は、温度差に大きく関係しています。
適度な湿度を保つことで、皮膚や呼吸器の疾患の原因といわれるダニやカビの発生を最小限に抑えることができます。
家の中が清潔な空気であることも、健康に必要な条件と考えられます。
花粉や埃等の浮遊物質もダブルフィルターで浄化するので、家中クリーンな空気環境。
エアブレスの家は、こうして健康を害する原因を抑える工夫を取っています。

快適な暮らしができる家

温度バリアフリーの家は、一年中、どの季節も過ごしやすい。

冬は全館床暖房で、どこにいても足元から暖まる身体に優しい暖房方式です。
夏は冷暖房効率が高いので、一度冷えると冷暖房効果が長持ちして経済的。
しかも、冷暖房費の負担をかけない省エネルギーの家で、遮音性能も優れているので快適な生活ができます。

自由設計の家

冷暖房効率が高いから、吹き抜けやオープンスペースも思いのまま。

エアブレスの家は在来木造工法で、和風から洋風建築までどんな家にも対応可能。
しかも、冷暖房効率が高いから、吹き抜けやオープンスペースも思いのまま。
屋根断熱での工事も可能なので、小屋裏がそのままホビールームや収納庫にすることも可能です。
そして、公的融資の割増も受けられます。